大人のためのバレエ教室グランジュッテ/講師ブログ

エントリー

カテゴリー「バレエ教室グランジュッテ情報」の検索結果は以下のとおりです。

大人クラス|今月は内転筋っ!③ 脚が○○している感覚

今月は腿の内側の筋肉(内転筋)を意識して軸脚を安定させることを練習しています。それによって思わぬ効果を感じる生徒さんが多くいらっしゃいました。

それは脚の付け根から外へ回る(外旋)感覚です。
バレエを習っている方はみなさんアンドゥオールして立つのに多少なりとも苦労されていると思います。
生徒さんからは、
「はじめて脚が外へ回る感じがした」
「アンドォオールってこういう感じなんだ…」
と言った声が聞かれました。

内転筋を効果的に働かせて意識するためのポイントの1つに骨盤と腿の骨(大腿骨)の位置関係があります。この位置関係を適正にキープするように意識していただいた結果、脚の付け根から外へ回る感覚が感じられたのです。

どうして?

骨盤と大腿骨の位置関係をコントロールし安定させてくれるのが外旋六筋と呼ばれる筋肉たちでお尻の下の方にあります。名前の通り脚を外旋させてくれる筋肉たちなので、これらの筋肉が働いたことで脚が外へ回る感覚につながったのです。一言で言ってしまうとこういうことなのですが、そのメカニズムについてもう少し解説してみたいと思います。解剖学的な少しマニアックな内容になりますが、がんばって読んでみてください。

gaisen_6kin_side.jpg

▼外旋六筋の働き

まず、骨盤と大腿骨は股関節でつながっています。股関節は、腿の骨の上端にあるボールのような形をした骨頭(こっとう)と呼ばれる部分が、骨盤側の寛骨臼(かんこつきゅう)と呼ばれるソケットにはまルような形になっています。
この骨頭の反対側に大転子と呼ばれる大きな突起があります。これは脚の付け根の外側にあって外から触れることができます。外旋六筋はこの大転子と骨盤をつないでいます。これらの筋肉が働くと大転子が後ろの方に引っ張られて骨頭が前へ押し出されます。この動きが股関節の外旋です。そして大転子を骨盤の方に引っ張って動かないようにすることで股関節を安定させてくれます。

sgaisen_6kin.jpg

▼内転筋の外旋作用

さらに今回、軸脚を安定させるために働かせるように意識した内転筋も股関節外旋をサポートしてくれる筋肉の一つでもあります。内転筋は骨盤の前面にある恥骨から大腿骨のやや後ろの面とをつないでいるので、大腿骨の後面を前面に引っ張るような動きをして外旋作用をします。なのでバレエを習っている方の中には「腿の内側を前に出すように」というような先生の説明を耳にしたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。
注意が必要なのは内転筋の使い方です。内転の動作自体は外から内と水平方向の動きなので、外からギュッと内側に閉めるように力んでしまう方が多いのですが、このような働かせ方をすると逆に内旋方向に作用してしまいます。内転筋の筋線維はタテ方向なので、タテ方向に働かせるように意識しましょう。

▼腸腰筋の外旋作用

前回の記事で、大腰筋や腸骨筋(2つを合わせて腸腰筋と呼びます)が内転筋と連動して働くというお話をしました。この腸腰筋も外旋作用を持つ筋肉です。
腸腰筋はカラダの骨盤の前面を通って大腿骨の後方にある小転子につながっています。この筋肉が働くと小転子を前方へ引っ張る外旋作用をします。

少し難しい話になりましたが、軸脚を安定させることを目的に内転筋を意識するよう指導をいたしましたが、姿勢の安定や股関節の外旋などを感じていただく結果になりました。バレエの姿勢を作るのにとても大事な根本的なことなので忘れずに意識し続けながらレッスンをがんばって欲しいです!

大人クラス|今月は内転筋っ!② 内転筋を意識したら○○がきれいになった !? !?

muscle_profond.jpg

今月、大人クラスでは軸脚の腿の内側の筋肉(内転筋)を意識しながらブレないで立つ練習をしています。そんな取り組みをすることで、思いがけないところによい効果が見られました。

それは、上半身がきれいになったことです。背骨が長く保たれ、首や腕が力まずにスッと伸びて美しい立ち姿になりました。
内転筋を正しく働かせると、お腹のインナーマッスル(腹横筋、骨盤底筋群、大腰筋、腸骨筋など)が連動して働きやすくなったり上半身が安定したりするのですが、それでみなさんの立ち姿がきれいになったのですね。
きれいな上半身を作るために
「首を長く伸ばしてっ!」
「肩が上がらないようにっ!」
「肘を丸く保って!」
「胸を広くっ!」
などと声かけをするのですが、これらの言葉よりも骨盤まわりがブレない練習をする方が効果的に思えます。骨盤まわりの安定が何よりも大切であることを改めて気づかされます。

まずは内転筋の存在を感じていただくこと、その次の段階として内転筋を使えるようになって欲しいと思っていたので、上半身にも効果が現れたことは期待以上で驚きです。みなさんががんばっていただいていること、カラダの使い方が上手になっていることに嬉しくなりました。

なんと…内転筋を意識することで感じた今までとは違った感覚はもう1つあるのです。それについてはまた次回…

大人クラス|今月は内転筋っ!①

nai_ten_kin.jpg

今月の大人クラスは、腿の内側の筋肉(内転筋)にフォーカスを当てます。
特に軸足の内転筋を意識できるようになっていただきたいと思います。

内転筋は写真の点線部にある筋肉です。腿の骨(大腿骨といいます)は斜めになっていて、内転筋は内側で骨盤を支える構造になっています。この内転筋の支えが弱かったら?て考えていただくと、立っている時の内転筋の支えの大事さを容易に分かっていただけると思います。一言付け加えると、片脚で立っている時に内側の筋肉が弱かったら外側ががんばってしまいますよね?

というワケで、レッスンでは、
「腿の内側を意識してぇ〜っ!」
「腿の内側を引かないようにぃ〜っ!」
「脚を出す時に軸脚がブレないように内腿を働かせてぇ〜っ!」
「出した脚を戻す時も内腿を引き上げながらぁ〜っ!」
と内転筋に関する声かけばかりを連呼(笑)
同時に一人一人回って内転筋が働いているかチェックしたり、動きをサポートしました。

内転筋に意識を集中させながら、マイナス30%までテンポを落としたゆっくりな音に合わせて丁寧に体を動かすので、曲が終わると深いため息と「き つ い…」の一言がこぼれます。
でも、みなさん、内転筋を意識していつもと違った感覚を感じることができ満足そうでもあります。

そして、内転筋を意識することで、他にも今までとは違った感覚があったようです。それについてはまた次回…

ベビーバレエ|キャンディーボンボン

バレエ教室グランジュッテの角田です。

 

すこし前になりますが、先日ベビーバレエにて

自粛期間のオンラインレッスンから3ヶ月ほど練習した

くるみ割り人形の”キャンディーボンボン”のプチ発表会を行いました♪

インスタグラムにて動画を上げておりますので

ぜひご覧ください(*^-^*)

ベビーバレエ キャンディーボンボン♪

 

年長さんの2人と、まりこ先生の甥っ子の3年生の男の子

3人で踊っています( ˊᵕˋ* )

 

この曲は第一回目の発表会で、私が子供達に振付をした

思い入れのある踊りです。

”おかしの国に遊びにきたマーシャに会えて嬉しい!楽しい!”

というキャンディーの妖精たちの元気でハッピーになる踊りにしたいと思って振り付けしました。

今回もみんな楽しそうに元気に踊ってくれました!

とても可愛いいのでぜひ動画観てみてくださいね( ˊᵕˋ* )

 

くるみ割り人形の音楽は聴いてるだけでワクワクしてきます!

つい踊りたくなってしまう曲ばかりです♪

子供達に踊る楽しさ、喜びが伝わっていると嬉しいです( ˊᵕˋ* )

みんな、お疲れ様でした!

キッズバレエB|両手バーで基礎を見直そう!

618F106C-BC4A-41B9-8D52-604389C20F3E.jpg

バレエ教室グランジュッテの角田です。

 

スタジオ再開後のキッズクラスは

片手バーから両手バーに戻って、とてもシンプルなフリで

基礎を徹底的に見直しています!

立ち方、姿勢から身体の使い方、バレエの正しい動き方・・・

みんな両手バーでも真剣に丁寧に、そして一所懸命練習していました!

 

この時期のおかげで、みんなとても成長できそうな気がします♪

お休みの期間に宿題として出した筋トレを毎日続けた子が

身体が柔らかくなったと嬉しい報告をくれました!!

筋力と柔軟性について、また後日ブログにしたいと思っています♪

 

お休みだったからとスタジオで焦ってがむしゃらに動くのではなく

丁寧にコツコツと!真剣に取り組むことが上達の近道✧︎*。

そして今感覚が鈍っているので、

新しく感覚を作るチャンス!!だと思って、

前向きに練習を頑張ってほしいです♪

 

みんなで一緒に頑張ろうね!!

本日よりスタジオレッスン再開いたしました!

ED27F783-2F8C-48EF-9E2A-ADA258576F3E.jpg

バレエ教室グランジュッテの角田です。

本日より、スタジオでのレッスンが再開いたしました♪

今日はキッズバレエCクラスのレッスン。

レッスン前にとても楽しそうにお話ししていて賑やかでした!

先生達もみんなに逢えて嬉しかったです。

 

子供達はzoomにてオンラインレッスンをしていましたが

やはり久しぶりにしっかり動いてみると

どの子も筋力不足や体力低下を感じたようです。

また、筋力が落ちたことで柔軟性が落ちたり

今まで感じなかったところに痛みを感じたり・・・

筋力が落ちると、前とは同じようには動けません。

怪我のリスクもあります。

これは生活スタイルが変わった人でしたら誰でも感じることかと思います。

 

今月は片手バーから両手バーに戻したり、

内容をかなりシンプルにし短くして

徐々に筋力や体力をつけていく月にしていきます。

そして、これを機に基礎を見直し徹底する月!として指導していきます。

この機会を上達のチャンス!と思って

今までしっかりできていなかったこと、身についていないこと

わかっていなかったことなどを消化し、徹底して練習してみましょう!!

この期間で、大きな変化や上達が見られるかもしれません♪

 

子供も大人の生徒さんも、みんな上達していけるように

また皆さんの生活が豊かになりますよう、

私たちも心を込めて指導をしていきます。

どうぞスタジオに来て、思いっきり身体を動かしてくださいね♪

6/1(火) スタジオでのレッスン再開のお知らせ♪

6D0FF65E-0C56-4C58-899F-41219802F034.jpg

東京都の休業要請緩和がステップ2に進んだことを受け、

6月よりスタジオでのレッスンを再開いたします。

感染予防対策に留意しながらレッスンを行ってまいります。

 

━━━━━━━━━━━━

スタジオからのお願い

━━━━━━━━━━━━

レッスンにご参加いただく際に、いくつかのお願いがございます。

 

▶︎レッスン前にご自宅で検温をし、37.5度以上の発熱がある場合は

 レッスンの受講をお控えください。

▶︎咳・くしゃみ・倦怠感などの体調不良の症状がある場合も

 レッスンの受講をお控えいただくようお願いいたします。

 ご家族で上記のような症状がある方がいらっしゃる場合もお控えください。

▶︎スタジオに入室されましたら、石鹸による手洗い/手指の消毒をお願いいたします。

 

安全な空間でレッスンを受けていただけるよう、スタジオの換気・バーの消毒・除菌を徹底してまいりますので、

ご協力をお願いいたします。 

 

 

タイムテーブルについては、ホームページをご参照ください。

https://ballet-grandjete.com/adult/schedule.html

 

タイムテーブルについては状況を見ながら変更する場合がございます。

予めご了承ください。

皆様のご参加、楽しみにお待ちしております!

バレエを習っている人は知っておきたい背骨のこと

バレエ教室グランジュッテの嵐です。
バレエを習っている方にとって姿勢は永遠の課題だと思います。姿勢を理解する上で「背骨」は欠かせないカラダの部位です!背骨について基本的な知識を抑えておきましょう!

sebone_kotsuban.png

▼背骨の構成

背骨は上から頸椎(首の部分)、胸椎(胸の部分)、腰椎(腰の部分)、仙椎(骨盤の仙骨の部分)、尾椎(尾骨の部分)から成っています。
頸椎の数は7個、胸椎の数は12個、腰椎の数は5個あります。
 

▼背骨のかたち(生理的弯曲)

背骨全体を横から見ると緩やかなS字のカーブ(生理的弯曲)を描いています。首と腰の部分は前方に向かってカーブを描いていて(前弯)、胸の部分は後方に向かってカーブを描いて(後弯)います。
カーブの頂点は、頸椎では頸椎の上から4番目、胸椎では胸椎の上から7-8番目、腰椎では腰椎の上から3番目の辺りです。
背骨がまっすぐでなく弯曲しているのは負荷を分散するためです。直立で長い時間立っている負荷や、運動による負荷や衝撃を分散させて吸収します。
 
バレエではこの弯曲をなるべく緩やかに長く伸ばすように姿勢を作ります。まっすぐになってはダメです。
 

▼ 背骨の動き

背骨の動きには、屈曲、伸展、回旋、側屈があります。聞き慣れない名称ですが動きとともに覚えておきましょう!
屈曲=背中を丸める動き:ポールドブラ
伸展=背中を反らせる動き:アラベスク、アティテュード、カンブレ
回旋=背骨を捻る動き:アラベスク、アティテュード、
側屈=横に倒す動き:デヴロッペアラセゴン
 

▼部位によって違う得意な動き・苦手な動き

背骨は部位によって得意な動きと苦手な動きがあります。
 
頸椎は上から1-2番目と3-7番目とで骨の形状が異なり役割も違います。
首の回旋は1-2番目でほとんど行われています。3番から下の部分ではあまり首は回りません。
頸椎の1-2番は側屈ではほとんど動かない。
頸椎3番から下の部分は、屈曲と伸展が得意です。
 
 
胸椎は側屈が得意な部分で、胸椎全体で大きな差はなく満遍なく動くことができます。ただし、頸椎や腰椎に比べると動く範囲は小さいです。
因みに、胸椎の側屈の可動域が小さくなると呼吸が浅くなる傾向があると言われています。
胸椎の上の方
胸椎の回旋は1-6番で可動域が大きい。
胸椎の上の方は、屈曲と伸展は苦手です。さらに伸展の方がより苦手です。
胸椎の下の方は、動く範囲が大きくなり屈曲ー伸展が得意
 
腰椎は屈曲ー伸展が得意ですが、回旋の動きは苦手です。腰椎全体でも左右に5°ずつ10°前後しか動きません。
 
部位によって動きの得手不得手があるので、補い合うように動く必要がありますが、一部に過度な負荷がかからないように注意しなくてはいけません。
バレエのアラベスクでは、背骨は大きく伸展します。伸展が得意な首と腰だけで伸展させるのは、ケガのリスクが高まります。また、力が入って見えてしまい見栄えがよくありません。背骨全体で曲線を緩やかにすることで余裕があるように見えてきます。
繰り返しになりますが、背骨の弯曲は負荷を分散させるためのものです。一部に負荷を集中させずに全体で補い合えるように、部位によって苦手な動きも動かせるようにトレーニングするようにしましょう!

運動不足解消!バーオソルでしなやかなカラダ作りをしよう!<2>

バレエ教室グランジュッテの角田です。

グランジュッテのYoutubeにてGrandjete a la maison⸝⋆

お家でバレエ8がアップされました!

今回は「運動不足解消!

バーオソルでしなやかなカラダ作りをしよう!<2>」がテーマです♪ 

バーオソルの第2弾です!

バーオソルでバレエダンサー特有のしなやかな体作りをしましょう!

バーオソルはダンサーが必要とする筋肉の強化、機能の改善、

柔軟性の向上などに効果的です。

ご自分の身体と心と向き合いながらカラダを動かしましょう!

 

▼目次▼

動きは動画を見ながら真似して動ける内容です。

最初から後半の実践編でエクササイズにチャレンジしてもOKです。

プリエ

デガジェ

ルティレ〜パ・ドゥ・シャ

グラン・バットマン

 

【 注 意 】

※水分補給をしながら行いましょう。

※痛みが出たら無理をせずエクササイズを中止しましょう。

___________

★インスタグラムでLIVEレッスンを開講★

「バレエストレッチ&バーオソル」のクラスを開講します。

ぜひ一緒にやりましょう!

みなさんのご参加をお待ちしています😄

5月24日(日)・31日(日)|11:0012:00

https://www.instagram.com/ballet_scho...

___________

▼コチラもぜひご覧ください▼

運動不足解消!バーオソルでしなやかなカラダ作りをしましょう!<1>

https://youtu.be/2djJW9k_t5I

-----------------------------------------------------------------------------------

▼バレエ教室グランジュッテ【ホームページ】

https://ballet-grandjete.com

▼バレエ教室グランジュッテ【YouTube】

https://www.youtube.com/channel/UC4Y-... ▼バレエ教室グランジュッテ【インスタグラム】

https://www.instagram.com/ballet_scho... ▼バレエ教室グランジュッテ【ツイッター】

https://twitter.com/balletgrandjete

☆チャンネル登録、フォローいただけると励みになります。

-----------------------------------------------------------------------------------

バレエに必要な筋肉を鍛えよう! レッスンがおやすみでも筋力を落とさない!

バレエ教室グランジュッテの角田です。

グランジュッテのYoutubeにてGrandjete a la maison⸝⋆

お家でバレエ7がアップされました!

今回は「バレエに必要な筋肉を鍛えよう!

レッスンがおやすみでも筋力を落とさない!」がテーマです♪

レッスンがおやすみの今、やっておきたいことの1つは

バレエに必要な筋肉を鍛えること!

 

これを機に、筋トレを取り入れてみましょう。

筋肉にスイッチが入った感覚を感じられると思います。

これはストレッチで伸ばした時とは違う感覚だと思います。

筋力を養うことはバレエのパフォーマンスを向上させるだけでなく、

怪我予防にもつながります。

 

コロナ禍のトンネルを抜けてレッスンに復帰した時に、

すぐに疲れてしまうカラダではバレエを楽しめませんよね。

踊れる喜びを感じ、しっかりカラダを動かせる体力があれば

ブランクを埋めて上達できると思います。 一度に全部をやらなくてもOK!

週に何度か、いや、できれば毎日2〜3種目ずつやってみましょう!

さぁ、がんばりましょう!

 

▼目次▼

タンデュ

ヒップ・リフト

プランク

内転筋のエクササイズ

スーパーマ

カフライズ

 

【 注 意 】

※水分補給をしながら行いましょう。

※痛みが出たら無理をせずエクササイズを中止しましょう。

 

___________

▼コチラもぜひご覧ください

運動不足解消!バーオソルでしなやかなカラダ作りをしましょう!

https://youtu.be/2djJW9k_t5I

___________

▼角田さんの着ているTシャツは解剖学講座でお世話になっているDLSのDLS応援Tシャツです。

http://www.dancerslifesupport.com

___________

▼バレエ教室グランジュッテ【YouTube】

https://www.youtube.com/channel/UC4Y-...

▼バレエ教室グランジュッテ【インスタグラム】

https://www.instagram.com/ballet_scho...

▼バレエ教室グランジュッテ【ツイッター】

https://twitter.com/balletgrandjete

☆チャンネル登録、フォローいただけると励みになります。

ページ移動

ユーティリティ

2021年06月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

Feed

▲ ページの先頭へ戻る