大人のためのバレエ教室グランジュッテ/講師ブログ

エントリー

振付を考えること

C1A6860E-AD5B-4571-A28C-7BEAFEED1669.jpg

バレエ教室グランジュッテの角田です。

 

発表会に向けて、練習がスタートしました。

毎回、練習の2ヶ月前くらいから音楽を聞き込んだり

いろんなバレエ団の動画を見たりして

振付を考え始めるのですが

振付家ではないのでよく苦戦します(´>_<`)

 

物語、役、曲からイメージを膨らませて

こんな踊りにしたい!とまず大まかに想像し

そこからクラスごとにできるステップ、踊りを考え

移動したり形が変わったりという場所のイメージを考え…

 

見ているお客様が1回で楽しんでもらえる、

そして何より踊ってる本人たちが何度も踊りたくなるような

楽しくて仕方ない踊りにしたい!!

と、考え始めると迷子になります(笑)

 

大体、直前まで不思議なくらい浮かびません。

考えて考えて考えて・・・頭から煙が出そうになります。笑

 

そして突然振りが舞い降りてくる日があります✧︎*。

そういう時は、想像が膨らみすぎて

ノートに書ききれずにせっかく思いついた振りを忘れてしまうことも(笑)

 

実際子供達に踊らせてみて、

難しかったり簡単すぎたりとやってみないと分からないことがたくさんですが…

 

振付家の方は、どんな風に振りを考えるのでしょう。

音楽と踊りがリンクしていて、踊っていても見ていても

なんとも言えない気持ちのいい振付って素晴らしいですよね!

作曲家とか、物を作り出す方とか

何もない真っ白なところから生み出す力のある方ってすごいとよく思います。

 

私は大体、素晴らしいメロディーや楽器の音を聞いてると

身体がこんな風に動きたい!というのが浮かんでくるのですが。

 

今でも、前の発表会の踊りを思い出して踊ってくれる子がいて

そういう姿を見ると本当に嬉しいです。

今度の発表会も、子供たちがもっと踊りたい!と思ってもらえるような

バレエの魅力がたくさん感じられる作品になりますように。

私のできることを精一杯頑張ります♪

ページ移動

ユーティリティ

2019年05月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

Feed

▲ ページの先頭へ戻る