グランジュッテ教室内の様子

講師の紹介

グランジュッテ講師嵐先生の写真

嵐 一正(あらし かずまさ)

大学在学中に部活の基礎練習で先輩からバレエの手ほどきを受けたのがバレエとの出会い。25歳で本格的にバレエを習い始め、会社員として働きながら、バレエ漬けの日々を過ごす。27才の時に新国立劇場バレエ団に入団しプロへ転向。

新国立劇場のオープニングから9年間在籍し、数々の作品に出演。退団後はスポーツクラブや品川区総合体育館など公共の体育館でバレエやバレエストレッチのクラスを担当し、2009年渋谷区恵比寿で「大人のためのはじめてバレエ"グランジュッテ"」をスタート。主にバレエ初心者を中心とした大人向けに、バレエやバレエストレッチの指導を行う。2011年よりキッズ・チアダンスチーム「TIGGERS」にて幼児と小中学生のバレエ指導を担当。高校バトン部などへの出張レッスンも受け持つ。2013年4月、教室名を「バレエ教室グランジュッテ」と改め、品川区戸越/荏原中延に専用スタジ オをオープン。正しい姿勢と身体の使い方に重点を置いたバレエやバレエストレッチのレッスンに定評がある。

<主な出演作品>
眠れる森の美女、くるみ割り人形、白鳥の湖、ドンキホーテ、ペトルーシュカ、ジゼル、ロミオとジュリエット、シンデレラ、ラ・バヤデール、こうもり、梵鐘の聲(創作作品)、舞姫(創作作品)他

講師からひと言

大人になってからバレエを始めた私は、バレエに夢中になってレッスンに通い詰めるだけでは飽き足らず、「もっともっと上手になりたい!」という思いから、解剖学や物理学の観点からもバレエを研究してきました。バレエ団に入ってからは国内最高峰のダンサーたちを間近で観察したり、専門書を読みこんだりして理論を理解し、練習でその実践を繰り返す日々。その積み重ねの経験が、バレエの動きへの深い理解と、身体の筋肉の動きや動作の良し悪しを見定められる眼にもつながってきたのだと思います。

指導者になってからも、そうした研究をさらに深めながら、「生徒さんにどう説明したら分かりやすいか」ということも常に考えています。レッスンでは、私がこれまでの経験から得た知識やバレエ上達のためのヒントやコツを、みなさんに分かりやすい言葉で、丁寧にお伝えしていきます。

グランジュッテ講師真梨子先生の写真

角田真梨子(つのだ まりこ)
ABC-Tokyoバレエ団

3歳よりバレエとピアノを始める。中学より声楽を始め、音楽高校、音楽大学にて声楽・オペラを学ぶ。
一度バレエから離れるも、様々な音楽に触れて、大好きだったバレエをもう一度極めたい、とバレエの道へ。嵐一正に師事。
現在、ABC-Tokyoバレエ団に所属。様々な舞台に出演。
バレエだけでなく、声楽・ピアノの指導、リトミック指導資格取得。

講師からひと言

子供の頃バレエが大好きでバレリーナを夢見て踊っていました。
基礎をしっかり学んでこなかった為になかなか上手くなれず、またバレエの世界の厳しさや人間関係などに苦しみ挫折を味わいました。
声楽やピアノ、他のダンス等に目を向けてみましたが、自分の中で輝いているものはバレエだ!と10年かかって気づき、また嵐先生のおかげもあってまたバレエの道を志しています。

様々な音楽を学び 、バレエと音楽・表現に関して理解が深まり、子供の頃以上にバレエを心から楽しめるようになりました。
バレエの基礎や身体の使い方、美しさは指導する上で何より大事ですが、同時に踊る楽しさ、喜び、踊るということ、音楽があること・・・当たり前のようだけどしっかり教わる場がないバレエ教育の中に、”芸術性”と”表現力”と”心”を育てることに力を入れていきたいと思っています。
身体を動かすだけでは、スポーツや体操になってしまいます。バレエそのものの在り方。そこに美しい音楽があること。感情が湧き出てくること。そしてバレエは大きな物語や感動の中にあることを伝えていきたいです。

11月のお休み

11月1日(木)
11月23日(金)

12月のお休み

12月8日(土)
12月9日(日)
★12月24日(月)の以下のクラスは
休講いたします。
●16:00〜17:00キッズバレエA
●17:30〜19:00キッズバレエB
●19:30〜21:00バレエ基礎

年末年始の営業について

年内は、12月29日(土)まで
年始は、1月5日(土)より
クラスを開講します。

★1月3日(木)・4日(金)に
特別レッスンを開講予定。

体験レッスンのご案内
コラム題字

▲ ページの先頭へ戻る